■例会のお知らせ

日本チェンバロ協会 2019 年度 第2回例会 ( 通算 : 第40回 )

鍵盤上の作曲実践法としての通奏低音 -18 世紀ドイツ、イタリアの理論を中心に -

 

2019年 8月 9日(金) 19:00-20:30 (18:40開場)

会場 : Salon de ぷりんしぱる

( 大阪市西区土佐堀 1-6-5 二口ビル 2F / アクセス : 大阪メトロ 四ツ橋線「肥後橋駅」 3 番出口より西へ徒歩 4 分)

詳細はこちらへ!

バロックから 19 世紀までの鍵盤楽器音楽の作曲・演奏論、記譜論について研究されてこられた三島郁氏とともに、 作曲実践法としての通奏低音について、再考する時間を持ちたいと思います。 

本例会はどなた様でもご参加いただけます。是非ふるってご参加ください。

 

講師 : 三島 郁 (みしま かおる) [日本チェンバロ協会会員]

東京学芸大学大学院修士課程修了後、ケルン大学に留学、大阪大学大学院文学研究科で音楽学専攻、博士課程修了。博士(文学)。 専門は西洋バロック期から 19 世紀までの鍵盤楽器音楽の作曲・演奏論、記譜論。チェンバロ、通奏低音を亀谷喜久子、岩渕恵美子、 C. チェラジの各氏に師事。国内外でバロック期の音楽やチェンバロに関するレクチャーやコンサートを企画・開催。 日本古楽アカデミー、メンバー。現在、京都市立芸術大学、同志社女子大学、大阪音楽大学、大阪教育大学、甲南女子大学、 神戸山手女子高等学校、各非常勤講師。

2019年度第3回例会(通算:第41回)

通奏低音講座【中級編】

 

2019年8月11日(日)18:30-20:30(開場18:00)

講師:郡司 和也 (チェンバロ奏者)

ゲスト:辺保 陽一(リコーダー奏者)

    トーマス・バエテ(ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者)

 

会場:麻布ミュージックプレイス

東京都港区南麻布1-15-5 ソフィア麻布B1

TEL 03-5418-5977

南北線 / 大江戸線「 麻布十番」駅 徒歩 6 分

http://musik-herz.jp/aboutus.html

 

● 第1 部 レクチャー(50 分)

バロック中期にフランス・イタリア・ドイツを渡り歩いた作曲家ゲオルク・ムファット。

彼が1699 年に著したRegulae Concentuum Partiturae (楽譜における和音の規則)の内容を俯瞰して、その特徴を学びます。

 

● 第2 部 ミニ公開レッスン(30 分×2 名)

 公開レッスンの受講生2名が決定しました。

聴講は引き続き募集中です。

 詳細はこちらへ!

【2019年度第1回例会】終了いたしました!

2019年度第1回例会(通算:第39回)

イギリス ヴァージナル音楽 装飾法の新解釈

講師:平林朝子(チェンバロ奏者、作曲家)

 

◇日時:2019年6月9日(日)14:00

(約2時間、開場13:30)

◇会場:桐朋学園大学音楽学部 調布キャンパス【222教室】

https://www.tohomusic.ac.jp/website/acess.html

 

詳細はこちら!

 

日本チェンバロ協会 2018年度 特別例会(通算:第38回) ジョセフ・ガショー リサイタル & 公開講座 リュートとチェンバロのつながりを探る-エール・ド・クールとヴィオール作品とともに

終了いたしました!

日本チェンバロ協会 2018年度 特別例会(通算:第38回)

ジョセフ・ガショー リサイタル & 公開講座

リュートとチェンバロのつながりを探る-エール・ド・クールとヴィオール作品とともに

 

2015年にアメリカの教育システムを紹介してくださったガショー氏を再びお迎えいたします。今回のテーマは「リュートとチェンバロのつながりを探る」。マスタークラスでは3名の受講者を募集します(詳細は「マスタークラス受講について」をご覧ください)。公開講座とリサイタルでは、テーマに関連してルイ・クープラン、ダングルベール、エヌモン&ドニ・ゴーティエ、ブクステフーデなどの作品を取り上げます。毎年コンスタントにジュリアード音楽院へと学生を送り込み、教育者としても実績をあげているガショー氏のアプローチに、ぜひご注目ください。

 

 

●日時  2019年3月2日(土)15:00~17:00 リサイタル(14:30開場)

                 17:30~20:00 公開講座・マスタークラス(17:15開場)

 

 

 詳細はこちらへ!

 

グイド・ダレッツォ『ミクロログス』を読み解く~音の読み方、楽譜の書き方…中世の“楽典”はどう教えられていたのか?~終了いたしました!

国立オリンピック記念青少年総合センターにて、2018年度 第4回例会 (通算:第36回)が無事に終了いたしました。
 
グイド・ダレッツォ『ミクロログス』・・・と言われてもなかなかピンと来ない方もいらっしゃるはず。今年2018年6月に出版されたばかりの音楽書「『ミクロログス』全訳と解説(春秋社)」の解説論文の1つ「教育者グイド〜ソルミゼーション教育とその伝承」の著者:宮崎晴代先生が、以下のような内容をわかりやすく解説して下さいました。
 
1、グイドの時代の概観(なぜ『ミクロログス』のような実践的な音楽理論が書かれるようになったか、という時代背景について)
2、ミクロログスの解説その1:「音」をどのように説明したのか(音名表記)
3、その2:「音の並び」から「旋法」へ(「旋法」という概念の誕生)
4、その3:聖歌の節付けについて(摩訶不思議な作曲法)
5、その4:オルガヌムについて(実は、とても美しい不協和音の使い方をしている)
6、「有線記譜法」について
7、「ソルミゼーション」について
8、まとめ
 
参加者の多くは事前に『ミクロログス』の本を手にしており、例会に持参していました。例会当日にも購入可能でしたので、ほぼ全員がこの本を参考にしながら、先生ご作成のパワーポイントを見ながら、講義を聞きました。先生の講義は明快でテンポが良く、大変生き生きとしていらっしゃり、ラテン語を日本語に訳したときの苦労話、例えば「ノタ(nota)」「トヌス(tonus)」「ヴォクス(vox)」の3つの単語は日本語では全て「音」という単語で訳せてしまい混乱しないように気をつけた、など、具体的な要素を交えたり、本に書かれていない裏付けも用いて理論を確証したりと、先生の尽きることの無いグイドへの興味が溢れ出る熱い講義となりました。最後の質疑応答の時間には興味深い意見が活発に交わされ、大変有意義な3時間半となりました。

第2回例会(通算34回)終了いたしました!

通奏低音講座 【初級・実践編】~ コレッリの通奏低音を弾いてみよう ~終了いたしました!

 

第1部のレクチャーでは、コレッリの作品についての概要、トネリについて、ヴァイオリンソナタop.5-1のリアライゼーションを出版しているトネリ以外の作曲家について、ロジャーによるヴァイオリンパートの装飾について、テンポ・ルバートについてなど、大変興味深いレクチャーがありました。

 

第2部のミニ公開レッスンでは、4人の受講者がそれぞれ1楽章ずつ受け持ち、ヴァイオリン奏者の高橋さんとアンサンブルに挑戦しました。トネリのリアライゼーションを練習して来た方、自分で数字を見て楽譜を作って来た方などの演奏を、聴講生はオリジナル譜とトネリの楽譜を両方見比べながら聴き、イタリアらしい右手の入れ方、バッソ・セクエンテ、スティル・ピエノなどを発見するという、目から鱗のレッスンでした。

 

その後、質疑応答があり、参加者17名というアットホームな環境で、活発に意見が交わされ、大変有意義な時間となりました。

日本チェンバロ協会会員・サポーターの皆様へ

 

 平素、日本チェンバロ協会の活動にご支援・ご協力をいただき、感謝しております。

さて、平成30年度より当分の期間、当協会が開催します例会の参加費につきましては、会員は「無料」、サポーターの方は「割引料金」とさせていただきます。奮ってご参加ください。

  

 なお、例会以外のイヴェントやレッスンを含む例会等につきましては、従来通り、会員ならびにサポーターの方には、「割引料金」を適用させていただきます。

 また例会は年度ごとに5回を「定例会」とし、そのうち、少なくとも1回は東京以外の場所で開催させていただきます。随時、開催されます例会は「臨時例会」とさせていただきます。

 

会長 久保田慶一

 

「2018年 第3回 (通算 第35回) 例会」終了いたしました!

「日本のチェンバロの歴史は関西から始まった!」

~昭和初期我国でのチェンバロブームを検証する~

 

 10/6の神戸での例会 梅岡俊彦氏のレクチャーでは、

蓄音機での再生を交えながら、戦前のチェンバロ録音における初期の貴重な音源資料や、

日本での最初のチェンバロ演奏と思われる演奏会資料として残存プログラム、その調査の有力資料となった残存広告のお写真などを分かりやすい解説と共にご紹介くださいました。又、チェンバロが日本に持ち込まれた記録や、日本人による昭和初期の演奏の記録となる資料もご紹介くださいました。

 

そして、戦前に大阪の伊丹でクラヴィコードが製作されていた証言報告、ピアニストでチェンバロを弾いていた方にピアノを習っておられたお弟子さんの中にはチェンバリストとして後に活躍された方がおられることが調査中に分かった二例のお話なども伺うことが出来ました。

一般に知られている以上に、戦前より日本人がチェンバロの音を耳にしていたことを解説くださったレクチャーでした。

 

当時、ヒストリカルチェンバロではなく何故モダンチェンバロが表に出てきていたのか、様々な資料と共に蓄音機での音源再生によって解明くださったレクチャーであったとも感じています。

梅岡先生、ありがとうございました。

バッハ平均律の分析と解釈 ~ピアノでの演奏法も含めて~(日本チェンバロ協会2018年度第1回例会(通算:第33回))

日本チェンバロ協会2018年度第1回例会(通算:第33回) 終了いたしました!

バッハ平均律の分析と解釈

~ピアノでの演奏法も含めて~

 開催レポートはこちら! 

【過去の例会】

日本チェンバロ協会 第25回例会 チラシデータ
JHS第25回例会.pdf
PDFファイル 3.7 MB
日本チェンバロ協会 第27/28回例会
JHS第27・28回例会ver.5.pdf
PDFファイル 2.1 MB
第29回例会チラシカラーpdf.pdf
PDFファイル 636.4 KB
第29回例会チラシ白黒.pdf
PDFファイル 662.6 KB
第30回例会チラシ.pdf
PDFファイル 406.0 KB
第31回&第32回例会チラシ.pdf
PDFファイル 292.1 KB

What's New

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter