ダニエル・キュイエ&ジョスリーヌ・キュイエ 室内楽マスタークラス 

昨年度に引き続き、フランス・ナント市立音楽院で25年間、通奏低音とチェンバロ教師を務めたジョスリーヌ・キュイエ女史を迎え、フランス音楽における通奏低音講座、チェンバロソロマスタークラス、ダニエル・キュイエ氏との室内楽アンサンブル・マスタークラスを行うことになりました。

日本に居ながら、本場フランス音楽を勉強できる貴重な機会です。
学生さん~チェンバロ愛好者~プロの方まで奮って、聴講、受講へご参加ください。

 

ジョスリーヌ・キュイエ(チェンバロ):
フランス・ナント国立音楽院チェンバロ科、通奏低音科にて25年間教授を務め、女史自身が結成したアンサンブルSTRADIVARIAの世界ツアーやフォルジュルネ祭などに参加。3枚のクラヴィコード録音でDiapason D`or他数々の賞を受賞し、C.P.Eバッハ、フランス音楽に定評がある。日本文学、日本語への見識も高く、定期的に来日している。

 

ダニエル・キュイエ&ジョスリーヌ・キュイエ 室内楽マスタークラス 

 

2014年3月22日(土)13:00-17:00

 

場所: Studio Trianon ステュディオ・トリアノン(文京区)

 

受講料: 20,000円(1レッスン・通訳あり)
聴講料: 3,000円(レッスンの間、出入り自由)

 

フランス・ナント在住の指揮者&バロック・ヴァイオリニストDaniel CUILLER(ダニエル・キュイエ)氏と、チェンバリスト Jocelyne Cuiller(ジョスリーヌ・キュイエ)女史による、室内楽マスタークラスを開催する運びとなりました。
レッスンは、コレッリとフランス音楽 (ルクレール、F.クープラン:王宮のコンセール、ラモー:コンセールによるクラヴサン曲集)を中心に行います。
その他、ご希望曲がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ダニエル氏より、指揮者、またバロック・ヴァイオリニストとしての指導を、またジョスリーヌ女史より通奏低音の指導を受けられます。

 

ダニエル・キュイエ:(アンサンブル ストラディヴァリア 音楽監督、ナント国立音楽院元教授)
1982年フランスでバロック音楽のアンサンブルを結成後、1987年<ストラディヴァリア・ナント・バロック・アンサンブル>を、ジョスリーヌ・キュイエ(チェンバロ)と再編成。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日音楽祭)で2回来日。フランス随一のバロック・アンサンブルで、ヨーロッパを中心に活発な演奏活動を行っている。 1992年から2002年まで、バロックバイオリンの教授として、パリ国立高等音楽院教授や、サブレ古楽アカデミーに於いて教鞭を執る。各国でも、多くのマスタークラスの開催。

 

Webお申込み:
http://www.kayueyama.com/ensemble-masterclass/

 

アクセスStudio Trianon

〒113-0034 文京区湯島2-14-3
JR 御茶ノ水駅から徒歩7分
千代田線湯島駅5 番出口から徒歩5 分
銀座線末広町駅から徒歩6 分
丸ノ内線御茶ノ水駅から徒歩7分
都営大江戸線本郷三丁目駅5番出口から徒歩10 分

 

お問合せ&お申込み:植山
(03)6277-1243
kay@ueyamaoffice.com

 

What's New

年報創刊のお知らせについて掲載いたしました。(17.05.29)NEW!

「チェンバロの日!2017」ダイジェスト動画を公開いたしました。(17.05.28)NEW!

古楽関連協会情報を掲載をいたしました。(17.05.26)NEW!
 
会則を掲載をいたしました。(17.05.23)NEW!

第6回総会議事録を掲載いたしました。(17.05.23)

会報第6号を公開をいたしました。(17.05.18)

第25,27,28例会についてのお知らせを掲載いたしました。(17.05.18)

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter