柴田雄康氏遺作楽器の試奏/試聴会のお知らせ

昨年秋他界された日本でのチェンバロ製作家の草分けのお一人、柴田雄康(たかやす)氏の遺作となった大型フレミッシュが久保田工房の引継ぎ製作により今月中に完成予定となりました(弦が半分張られたところで帰らぬ人となってしまいました)。

これは宮城県のアマチュアの方の個人注文で、3月にお宅に納入された後はなかなか見る事が叶わないと思います。

 

そこで久保田工房のご厚意により3月6日に東京で唯一の公開試奏/試聴会を行います。

デモ演奏タイム(桑形担当します)15時半-16時19時-19時半、その他は自由に弾いたり聞いたり見たり、柴田さんを偲ぶ時間にいたしたいと思います。

皆様どうぞふるってご参加下さい。

 

期日:3月6日(木)15-20時 

場所:文京区湯島2丁目 Studio Trianon(個人宅ですので場所は桑形までお問い合わせ下さい) 
参加費:スタジオ使用料/楽器運搬費用カンパ500円お願い致します。学生は無料。
お問合せ:kuwagata@alto.ocn.ne.jp  電話/FAX03-5363-1307 桑形亜樹子

 

 

 

 

What's New

年報創刊のお知らせについて掲載いたしました。(17.05.29)NEW!

「チェンバロの日!2017」ダイジェスト動画を公開いたしました。(17.05.28)NEW!

古楽関連協会情報を掲載をいたしました。(17.05.26)NEW!
 
会則を掲載をいたしました。(17.05.23)NEW!

第6回総会議事録を掲載いたしました。(17.05.23)

会報第6号を公開をいたしました。(17.05.18)

第25,27,28例会についてのお知らせを掲載いたしました。(17.05.18)

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter