「フランスの風」 Le vent de la France~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~

「フランスの風」 Le vent de la France
       ~バロック音楽&コンテンポラリーダンスの新たなる融合~

 

●2012年にデュポールのチェロソナタ集を世界初録音した高名なチェリスト、ラファエル・ピドゥー、パスカル・ジョパール、植山けいとのバロックトリオ日本公演2回目は、フランスで長年活動してきたダンサーKAN-ICHIの即興ダンスと新たな可能性を見出します。

 

プログラム  

バッハ:半音階的幻想曲とフーガ BWV903
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番

デュポール:チェロソナタ第4番、第5番
バリエール:2台のチェロのためのソナタ第2番

ラモー:クラヴサン曲集 (1724年)
ため息、ソローニュの愚か者

*演奏曲目は都合により変更になる場合がございます。

 

2016.6.10(金)19:00 開演 (18:30開場)
ルーテル市ヶ谷ホール 全席自由:5,000円 ペア券:9,000円 

 

出演者

ラファエル・ピドゥー (バロックチェロ)
パスカル・ジョパール (バロックチェロ)
植山 けい(チェンバロ)
KAN-ICHI(コンテンポラリーダンス)


【チケットお申込・お問い合せ/ Ticket 】 
松木アートオフィス 03-5353-6937    C&K 03-6315-3044
【チケットお申込】東京古典楽器センター 03-3952-5515

詳細&オンライン予約 http://www.kayueyama.com

 

主催:C&K  協催:キングインターナショナル 
協力:ムジカテミス 
後援:日本チェンバロ協会、桐朋学園音楽部門同窓会
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、CID-UNESCO-TOKYO ユネスコ国際ダンスカウンシル東京


プロフィール Profile
ラファエル・ピドゥ― :チェロ          
「見事に洗練されたバッハ」ロンドンーストラッド誌 「奥深い音色、スケールの大きい音楽性」モントリオーループレス誌“
Trio Wanderer (トリオ・ワンデラ―)のメンバーとして世界的に活躍し、シャンゼリゼ劇場(パリ)、スカラ座(ミラノ)などに出演し、シャルル・デュトワなどの指揮者やフランス国立管弦楽団など数多くのオーケストラと共演。17歳でパリ国立高等音楽院へ入学し1等賞で卒業。1988年ARDミュンヘン国際コンクール入賞、バッハコンクール3位受賞。これまで数々の録音よりレコード大賞、デイアパゾン・ドール賞を受賞。2009年フランスを代表するアコーデオン奏者リチャード・ガリア―ノン氏とピアツォラのCD録音並びにコンサートに出演し、同年パリ・オペラ座にてカダール・ベラルビとヌレエフの振付による【バッハ:無伴奏組曲】で特別出演した。現在パリ国立音楽院で教便を取り、ゴフレッド・カッパ制作(サルッツォ1680年)のチェロを使用している。http://www.triowanderer.fr/  

 

パスカル・ジョパール :チェロ            
マルメゾン音楽院修士課程を卒業後、アメリカ・インディアナ大学にてヤーノシュ・シュタルケル、堤剛氏に師事。チェリスト兼ヴィオラ・ダ・ガンヴィストとしてパリを中心に活躍している。パリ市6区コンセルヴァトワールチェロ科教授。
アマルコール弦楽四重奏団のメンバーとしてFNAPEC並びにイルザック国際室内楽コンクール入賞。ヴィオラ・ダ・ガンバをパリでクリストフ・コワンとバルセロナ音楽院にてジョルディ・サヴァルに師事。パリのCapriccio Stravagante、Fuoco et Cenere、アンサンブルFragonard、オーケストラ・レ・シエクル、シャンゼリゼオーケストラ、トゥールーズオーケストラ、パリ管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団等と共演し、チェロ並びにガンバ奏者として活躍する。 

 

植山 けい :チェンバロ              
2004年Paolo Bernaldiチェンバロコンクール第2位受賞(イタリア)。第19回山梨古楽コンクール第3位受賞(日本)。桐朋学園大学ピアノ科、アムステルダム音楽院チェンバロ科(オランダ)終了。欧米4カ国で研鑽を積みフランスと日本を中心に活躍する。これまでにサル・プレイエル(フランス)、ヴェルサイユ宮殿ロイヤルチャペル(フランス)、モーツァルト音楽祭(ユネスコ世界遺産ヴュルツブルグ宮殿、ドイツ)などで演奏する。2012年スイス・ノイシャテル博物館所蔵のJ.ルッカース1632年製のチェンバロで録音し、フランス デイアパゾン誌「新人賞」、レコード芸術で特選盤並びに朝日新聞推薦版に選出され、フランス国営放送並びにNHK FMで放送される。また、同年ラファエル・ピドゥー、パスカル・ジョパールと共に世界初録音したデユポール:チェロソナタがレコード芸術で準特選に選出。これまでチェンバロをメノ・ファン・デルフト、クリストフ・ルセ、ユゲット・ドレイフュスの各氏に師事。京都市立芸術大学非常勤講師、Kay Music Academy講師。
www.kayueyama.com


KAN-ICHI :コンテンポラリーダンス           
幼少より母、亜甲絵里香にモダンダンスを師事。堀内完、余芳美などにバレエを学ぶ。
93年渡仏し、Gigi CACIULEANU、Ruxandra RACOVITZAよりコンテンポラリーダンスの指導を受ける。1994年フランス、国立レンヌ・コンセルヴァトワール卒業、銀賞受賞。1996年フランス、国立ブローニュ・ビヤンクール・コンセルヴァトワール卒業、金賞受賞。1998年フランス、国立アンジェ現代舞踊センター/CNDC卒業。2004年パリ国立ダンスセンター(CND)にてフランス国家公認ダンス教師免状取得。フランスを始め日本、イタリア、レバノンなどのダンス学校に招聘されワークショップを開くと共に、ヨーロッパ、アジア各地にて公演活動を行う。1996年よりCID-UNESCO日本代表会員として信任され日本と海外のダンスの架け橋 と成るべく国際的な芸術文化交流に努めている。

What's New

日本リュート協会からの情報を掲載いたしました!(17.07.22)NEW!
日本チェンバロ協会第26回例会についての動画を掲載いたしました!(17.07.04)NEW!

日本チェンバロ協会第29回例会についてのお知らせを掲載いたしました!(17.07.04)

年報CD紹介コーナーへの掲載希望、募集のお知らせを掲載いたしました
(17.06.25)

会員特典海外留学事情を追加掲載いたしました。(17.06.19)

例会第26回について掲載いたしました。(17.06.09)

年報2018〜自由投稿論文のお願い〜について掲載いたしました。(17.06.08)

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter