チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座 第17クール 『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(その1)(渡邊温子)

チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座 第17クール 

『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(その1)

 

作曲家が活躍していた時代、「街」ではいったい何が起きていたのでしょうか。

今年7月に出版された『古楽でめぐるヨーロッパの古都』をテキストに、作曲家が活躍した「街」での音楽活動と作曲家の生きざまを、歴史や時代背景との関わりとともに探っていきます。

チェンバロの生演奏とCD音源で、テキストに登場する音楽をたっぷりお楽しみいただきます。一回ずつ完結の講座ですので、ご都合やご興味に合わせてご参加下さい。

あなたも古(いにしえ)のヨーロッパへ、音楽の旅に出かけませんか?

 

開催日と内容(各木曜日・10:30-12:00)

第1回   9月15日 第1章 ザンクト・ガレン(スイス)、第2章 ニコシア(キプロス)

「グレゴリオ聖歌と中世の音楽」

第2回  9月29日 第3章 アントウェルペン(ベルギー)

「港街の町楽師とチェンバロ工房」

第3回  10月13日 第4章 リューベック(ドイツ)

「バッハが訪ねた街とオルガン音楽」

第4回  10月27日 第5章 セビーリャ(スペイン)

「大航海時代の聖歌隊員養成所」

第5回  11月10日 番外編 プエブラ(メキシコ)

「新大陸へ伝わった音楽」

 

● 会場 タニタ楽器 北浦和東口センター(JR北浦和駅より徒歩4分)

http://www.e-tanita.jp/onkyo/kaijyo/center/higashiguti.html

● 受講料 5回シリーズ受講 ¥12,000(2名様同時申込みで1名¥10,000)

※1回毎の受講の場合、¥2,500(2名様同時申込みで1名¥2,000)

● お問い合わせ・お申し込み タニタ楽器浦和支店 Tel. 048-831-0910

 

講師 渡邊温子 (チェンバロ奏者)

タニタ楽器音楽教室チェンバロ科講師。国内外での演奏活動とともに、演奏者としての視点から17・18世紀の音楽についての講演をこれまでに130回以上行う。主な講演歴:日野市主催「やさしいバロック音楽講座」小金井市主催「バロック音楽の魅力を探る」財)音楽鑑賞教育振興会主催「新・冬の勉強会(小中学校音楽科教諭対象)」。武蔵野学院大学大学院非常勤講師。日本チェンバロ協会正会員。2016年7月に『古楽でめぐるヨーロッパの古都』を上梓。無料メルマガ「月刊バロック通信」毎月22日に好評配信中!

What's New

日本リュート協会からの情報を掲載いたしました!(17.07.22)NEW!
日本チェンバロ協会第26回例会についての動画を掲載いたしました!(17.07.04)NEW!

日本チェンバロ協会第29回例会についてのお知らせを掲載いたしました!(17.07.04)

年報CD紹介コーナーへの掲載希望、募集のお知らせを掲載いたしました
(17.06.25)

会員特典海外留学事情を追加掲載いたしました。(17.06.19)

例会第26回について掲載いたしました。(17.06.09)

年報2018〜自由投稿論文のお願い〜について掲載いたしました。(17.06.08)

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter