モダンチェンバロの魅力 〜プレイエル社ランドフスカモデル・チェンバロ使用〜」

 

「モダンチェンバロの魅力 〜プレイエル社ランドフスカモデル・チェンバロ使用〜」

 

 

5/13(土)13時00分~14時00分

5/14(日)16時30分~17時30分

 

 

【会場】

サロン

 

【プログラム】

1 Allegro  BWV 1054より           Johann Sebastian Bach (1685年- 1750年)

2 Prelude   平均律 No.1             Johann Sebastian Bach 

3 Deux pieces pour Clavecin (1935)   Bohuslav Martinu (1890年- 1959年)

                    ボフスラフ・マルティヌー

4 Arabesque alla Japonaise for cembalo (1988)   Kikuko Massumoto(1937-)

                         増本 伎共子

5   deux pieces pour clavecin  Wamba(1982)  Conga(1983) Maurice Ohana(1913年- 1992年)                      モーリス・オアナ

6   SILETES pour clavecin (1973)         Marius Constant(1925年- 2004年)

                   マリユス・コンスタン

7   Partita pro cembalo (1982) より   Zdenek Lukas (1928– 2007)

                     ズデニェク・ルカーシュ

 

 

【演奏者】

本間みち代

【プロフィール】

上野学園大学古楽器科チェンバロ科卒業。

第7回パリ国際クラヴサンコンクールで現代曲部門奨励賞を受賞。

山田貢氏にヒストリカル・チェンバロを、またエリザベト・ホイナツカ氏にモダンチェンバロ奏法のレッスンを受ける。モダンチェンバロとヒストリカルチェンバロの現代音楽作品を数多く紹介している。

1989年、現代音楽祭「パン・ムジーク・フェスティバル」にてソロ・リサイタル。(韓国・ソウル・アート・センター)。

1997年 ISCM World Music Day'sに出演。(韓国・ソウル)

1995年、ポーランド放送局主催「ヴォジミエッシュ・コトニスキ 70才記念コンサート」に出演。(ポーランド・ワルシャワ)

NHK「土曜リサイタル」でモダンチェンバロの作品を紹介。

平成12年度第55回文化庁芸術祭に参加。

2011年、デンマーク・エンゴルム教会にてソロ・リサイタル。 (デンマーク)

デンマークと日本の現代音楽を演奏。 

2012年、デンマーク・ネストヴェズで行われたSusa Festivalにてソロ・リサイタル。(デンマーク)

デンマーク・オランダ・ポーランド・日本の現代チェンバロ作品を演奏する。 

他、国内外でコンサート活動を行っている。

CD

SteepleChase Kontrapunkt  [Nine soli/ib norholm] 

SteepleChase Kontrapunkt [Contemporary music for harpsichord] 

Classico [Hans-Henrik Nordstrom 3] 

Classico [Hans-Henrik Nordstrom 4]  他 

神楽坂チェンバロスタジオ 主宰

What's New

日本リュート協会からの情報を掲載いたしました!(17.07.22)NEW!
日本チェンバロ協会第26回例会についての動画を掲載いたしました!(17.07.04)NEW!

日本チェンバロ協会第29回例会についてのお知らせを掲載いたしました!(17.07.04)

年報CD紹介コーナーへの掲載希望、募集のお知らせを掲載いたしました
(17.06.25)

会員特典海外留学事情を追加掲載いたしました。(17.06.19)

例会第26回について掲載いたしました。(17.06.09)

年報2018〜自由投稿論文のお願い〜について掲載いたしました。(17.06.08)

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter