「2018年 第3回 (通算 第35回) 例会」 「日本のチェンバロの歴史は関西から始まった!」 ~昭和初期我国でのチェンバロブームを検証する~

「2018年 第3回 (通算 第35回) 例会」

「日本のチェンバロの歴史は関西から始まった!」

~昭和初期我国でのチェンバロブームを検証する~

 

・日時 : 2018年 10月6日(土) 15:00 〜 17:00 (受付開始時刻14:30)

・会場 : テアトルラモー 

             (神戸市灘区深田町1丁目1-11 ハニービーガーデンB1F)

              JR神戸線「六甲道」駅より徒歩5分

              http://collegiumrameaukobe.jp/theatre-rameau/

 

・講師 : 梅岡 俊彦 (チェンバロ調律師)

講師にお迎えする梅岡俊彦氏には第25回例会でも

「20世紀チェンバロ復興の歴史を振り返る ―最高級蓄音器で聴き比べるオリジナルの音―」

のレクチャーをしていただきましたが、更に研究を進めておられるとのことで、

最新版のレクチャーをしていただくこととなりました。

 

昭和11年、神戸在住のスイス人レネ・フランクが日本初と思われるチェンバロをドイツから

入手し関西で演奏活動を始めました。そしてその後京都の中瀬古和が日本人初のチェンバロ奏

者として舞台に上がり、続いて大阪の永井静子もラジオに出演します。昭和16年には日本初

の本格的チェンバロ奏者、エタ・ハーリッヒ=シュナイダーは来日直後にオケを率いて京阪神

3か所でリサイタルを開催、9月には大阪の相愛女専の教師に就任します。また昭和16年末

には早くも伊丹のピアノ工場の片隅でクラヴィコードも製作されたようです。

このように当時関西では東京を凌駕する熱いチェンバロ(古楽)ブームがあったと思われます。

今回は当時の貴重な資料とレコードを使い昭和初期の関西でのチェンバロブームを検証する

レクチャーを行なっていただける予定です。

又、1930年英国製の大型蓄音器(EMGmarkⅨ)を使っての当時の日本の愛好家達が

愛聴した様々な古楽演奏レコードもかける準備もしてくださっています。

 

☆ 例会とは別に、同日・同会場にて12:00より蓄音機コンサート(無料)の開催も梅岡氏が準備されています。

  蓄音機コンサートについての詳細は

  http://umeoka-gakki.music.coocan.jp/99_blank006.html#蓄音器コンサート&レクチャー

 をご覧ください。

 

・定員 60名 (要予約)

 

・参加費

 日本チェンバロ協会 会員・学生会員 : 無料 

 日本チェンバロ協会 サポーター : 1,000 円 

 一般 : 2,000 円

 一般 学生 : 1,000 円

  ※ 当日受付にて会員証、学生証のご提示をお願い致します。

 ☆ 2018年 9月1日 お申し込み受付開始

 

・ご予約・お問い合わせ

 E-mail : cembalo_events@yahoo.co.jp 

 ☆ご予約の際は「第 35 回 (10 月 6 日 ) 例会申し込み」とタイトルに明記の上、ご送信ください。 

 日本チェンバロ協会ホームページからもお申し込みいただけます。

 ・お問い合わせ  050-3575-1282 ( くらび ) [ 受付時間 : 13:00-22:00 / 本例会に関するお問合せ対応のみ ]

・協力 : テアトルラモー

2018年 第3回 (通算 第35回) 例会お申込フォーム☆ 2018年 9月1日 お申し込み受付開始

メモ: * は入力必須項目です

2018年 第3回 (通算 第35回) 例会.pdf
PDFファイル 649.3 KB

What's New

2018年度 第4回例会 (通算:第36回)のお知らせを掲載いたしました!18 .09 .09)NEW! 

 

第3回 (通算 第35回) 例会のお知らせを掲載いたしました!18 .8.23)

 

第2回定例会のお知らせを掲載いたしました!18 .8.20)

 

第2回定例会の日程変更のお知らせを掲載いたしました!18 .8.14)

 

年報第2号のお知らせを掲載いたしました!18.6.18)

 

2018年度総会議事録を掲載いたしました!18.6.5)

 

■フェイスブック、ツイッターでも速報をUPしています。お気軽にコメントしてください。

↓↓↓↓

twitter